monkton*chiccoro
せいかつのこと
ものづくりのこと
おんがくのこと エトセトラ
タムくんラブ!!!
まっこと、今更なんですが
タムくん、ことウィスット・ポンニミットくんのアニメが大好きになりました。

タムくんの作品を観ると「愛されることより、愛することの喜び」を
ほんわりこみ上げるように感じます。

ウィスット・ポンニミット「タムくんアニメ イエロー」
ウィスット・ポンニミット「タムくんアニメ イエロー」
ウィスット・ポンニミット



タムくんアニメ グリーン[ウィスット・ポンニミット作品集]
タムくんアニメ グリーン[ウィスット・ポンニミット作品集]
ウィスット・ポンニミット


どの作品にも、ふかーいふかーい愛情が根っこにあって
それが、とてもさらーっと濃ゆくない具合に滲み出していて
観ている者の心のやわらかい部分に、すううっと入ってくる。

この人は、ほんとになんていい人なんだろう、とタムくんのことを思います。
こういう人が、こういうことを、こんな形で、世の中に発信していてくれるコトに
ほんとうに感謝したい気持ち。
押し付けがましくなく、
きっと、誰にでもすんなり入ってくるんじゃないかなぁと思うのです。

「全部を得ない」「得すぎない」でも「とても幸せ、とても嬉しい」
こんなことに気づいていけば、まだまだ世界は大丈夫だ、と思う。

タムくんばんざい!
タムくんありがとう!
そんな気持ち。

you tubeなどでも、アップされているので、ぜひ!
これも
これも
ほんとうに何度観ても、滲み込みます。

ふつうの毎日の幸せ。
ちいさい幸せを知る幸せ。
ほんとうは、いつも、幸せに囲まれて暮らしてるんだって気づくよ。


(なっちゃん、ありがとう。タムくん、なっちゃんのオススメの副産物です。)











| えいが | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
「ゆれる」
この映画が公開された時、
新宿の映画館に2回も足を運んだ。
なのに、一回も観ることが出来なかった。
朝イチの回に早めに行っても満席だったのです。

その映画をCSで観ることが出来た。

ゆれる
ゆれる
オダギリジョー,香川照之,伊武雅刀,新井浩文,真木よう子,木村祐一,ピエール瀧,田山涼成,西川美和

。。。。映画が終わった後、揺さぶられた心が、なかなか静まらず
しばらく、もはーん、というか、心臓がまだ変な打ち方をしている、というか
そんな感じに陥った。

オダギリジョーさんと、香川照之さん、のお芝居がとても良くて
いや、この二人だけじゃないな、
伊武雅刀さんも、蟹江敬三さん、キム兄の芝居も
とてもとても良くて、すっかりと映画の中にはまってしまいました。

オダギリジョーさんと香川照之さんが兄弟で
オダジョーの方は東京在住の売れっ子カメラマン、
香川さんは田舎で実家のガソリンスタンドを経営している。
映画は、二人のお母さんの一周忌にオダジョーが遅刻してくるシーンから始まる。
もうそこからね、香川さんとオダジョーの兄弟の関係が見えて
それを二人がとても自然な演技で見せる。

、、、ほんとにおもしろい映画だった。
最後まで「ほんとはどうなのか?」ということが見ている方にもわからないので
ストーリーを追うこともおもしろい。
でも、もっとおもしろいのは兄弟の心の揺れを見ることだったと思います。

もう一度観てもいいなぁ。
口で実際に言っていることと、ほんとに心の中で思っていること、
そんなものを含めた複雑な表情を、もう一度観たい気がします。

いやそれにしても、すばらしいお芝居!と思った。








| えいが | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
メルシィ!人生
お天気悪いね。
寒いし、暗いし、いったいなんだ?という感じ。
こういう時は、こんな映画がオススメです。

少し前にCSでやってて偶然観た映画

メルシィ!人生
メルシィ!人生
ダニエル・オートゥイユ,ジェラール・ドパルデュー,ティエリー・レルミット,ミシェール・ラロック,ミシェル・オーモン,ジャン・ロシュフォール,フランシス・ヴェベール

これ、おっもしろかったー。
なんだか今思い出してもおかしいよ。
もう一回観たいなー。

主演のダニエル・オートゥイユのまじめな顔が笑えるんですよ。
まさか、下記の映画の主演の人と同一人物とは知らなかった。
こっち↓はシリアスだし、こっちのダニエル・オートゥイユはできる男風で、
彼の顔のおかしさに気付かなかったけれど
↑のダニエル・オートゥイユは、全然できない男だし
鳩顔である事が気になってしゃーない映画なのです。不思議だわー。

隠された記憶
隠された記憶
ダニエル・オートゥイユ,ジュリエット・ビノシュ,アニー・ジラルド,ベルナール・ル・コク,ダニエル・デュヴァル,モーリス・ベニシュー,ミヒャエル・ハネケ

この「メルシィ!人生」ですが、
めちゃくちゃの人生だって、ドタバタ生きてると、いい方向に向いて行く。
そんな明るい気分になる、コメディ映画です。
コメディ映画といっても、フランス映画なので
おかしみが「爆笑」ではなく「むふふふふ」というこみ上げ笑い。
次から次へと「そんなあほな」という展開になるのだけれど
みーーんなまじめな顔で、まじめな態度で
あほな展開になっていくので、観ている方は、おかしくて仕方ないのです。
大好きなジェラール・ドパルデューもとてもいい。こっちも真剣です。

同じかどうか微妙だけれど
あほなことを真剣にやってる、世界のナベアツや、なだぎ武、も好きです。







| えいが | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) |

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
MOBILE
qrcode
はらぺこロドリゲス
くまとサーカス団長
ポケットの本棚
SEARCH THIS SITE
OTHER